ハイドロキノン化粧品の選び方

キーワードを含め紹介(左より画像)

究極のしみ取り・美白成分といわれるハイドロキノンは、皮膚科でシミの治療のために処方されるほど効果的な成分です。シミに悩む女性の救世主とも呼ばれています。


とても効果的な成分なのですが、選び方を間違えてしまうと思わぬ肌トラブルにつながってしまうのがハイドロキノンです。特に濃度には注意して下さいね。


肌トラブルというと心配な方もいると思いますが、しっかりとした知識を持って選び方を間違わなければ大丈夫です!

選び方のポイントは次の3つです!


ハイドロキノンの濃度は2%程度のがベストです。高すぎるものは副作用に気をつけてください

ハイドロキノンは肌に浸透しにくい成分です。つけただけではほとんど肌に浸透しません

ハイドロキノンの働きを助ける成分としてビタミンAとビタミンCが配合されている



3つのポイントを満たすハイドロキノン配合化粧品として、人気なのが「ビーグレン」です。


ビーグレンのハイドロキノンの配合量は副作用の心配がない2%です。4%以上の配合量になると副作用に気をつけながら慎重に使わなければなりません。


ビーグレンの人気の秘密は、遺伝子治療やガン治療に使われる医薬品レベルの浸透技術を化粧品に使っていることです。 肌に浸透しにくいハイドロキノンが肌の奥までしっかりと浸透。さらにビタミンAとビタミンCを配合することでハイドロキノンの働きを最高レベルで保っています。


しかも、365日間の返品保証付きです。もう試さない手はないですね。



ビーグレン人気の秘密

ハイドロキノンが濃くなったシミを薄くする

ハイドロキノンはシミの元になっているメラニンの生成を抑えるのと同時に、メラニンを作る細胞自体を少なくさせる働きがあります。 ビーグレンのホワイトニングクリームにはナノ化により肌に浸透しやすくしたハイドロキノンを2%配合。 ハイドロキノンは効果的だけれども刺激が強い成分です。2%の濃度なら敏感肌の方も安心して使えます。

高濃度ビタミンCがシミのできない肌にする

ピュアビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑える効果がとても高い成分です。そのほかビタミンCにはコラーゲンの生成を促進する働きもあります。 ビーグレンでのビタミンC美容液「Cセラム」には一般的なビタミンC誘導体美容液の10倍以上のビタミンCを高濃度に配合しています。

ビタミンAがシミを肌から排出する

ビタミンAには肌の新陳代謝を高める働きがあります。いつまでたっても細胞が生まれ変わらず肌の中に残ってしまうのがシミの原因です。 肌細胞の生まれ変わりを促進し、シミになってしまったメラニンを肌表面に押し上げ排出します。



ハイドロキノン配合・ビーグレン口コミ

効果がすぐに出たことで満足感が大きかった

美白セットを使用し始めて1ヶ月が過ぎた位なのですが、目に見える効果でびっくりしてしまいまいたが、非常に気に入ってしまいました。 美白クリームを使用し始めて1ヶ月も経たないうちにファンデーションの色を明るく代えられるまでに肌が明るくなり透明感も増したのです。

クチコミを見る

「肌が白くてイイんね~」と言われるようになりビックリ

私自身は日々自分の顔を眺めているのであまり感じて無かったのですが、周りの反応がスゴいのでビックリしてます。 最近頻繁に「肌が白くてイイんね~」と言われるようになりビックリです。

クチコミを見る

b.glenでは、効果&実感が感じられました

私は、最初に美白のトライアルを使用したのですが、少量でその効果というか感触というか、 何かイイ!と感動して美白シリーズのセットを購入したのです。 今までお手入れには気を使ってきましたが、 なかなかコレという効果&実感が感じられませんでしたがb.glenは違いました。

クチコミを見る

究極の美白成分といわれるハイドロキノン。最近では化粧品に配合されることも多くなってきました。 シミが気になる女性にはとても魅力的な成分なのですが、効果が高い分刺激が強く使い方を間違えると 副作用が出てしまうこともあります。正しい知識を持ってあなたにあう化粧品を選んでください。

Copyright © 2009 ハイドロキノン化粧品· All Rights Reserved·